読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんのために大学に行くのか

「大学に頼らなくても、生きていくために十分な力をつけるため」


最近、自分の学生生活を振り返って思うことですが、そうなるために大学にいた気がします。あくまで一つの見方ですよ。

言い方を変えれば、「大学なんて意味ねー!おれはそんなのなくても生きてけるぜ、はっはー!!」

まあ、いい意味でのモラトリアム・準備期間ってことですね。


だからといって、卒業しなくていいとは思ってなくて、むしろ卒業したほうがいいと思います。

だって、学歴は便利だもん。

でも、便利なだけの道具ですね。


僕は、早稲田から落ちて青学に入学するときに、

「青学にいるきびたん」ではなくて「きびたんがいる青学」って言われるようになろう!

って思って、早稲田に落ちた自分を鼓舞してましたが、なんか正解だった気がします。



そんなことを考えてたので書いてみました。