読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「思いは通じる」と信じていたい

まさか、今さら、3年前の部活の後始末をするなんて、夢にも思わなかった。


だけど、今度は自分の後悔がないように、
うまくやれる自信なんてなかったけど、今回やれることは全部やった。


先生と、本人と、何より自分のために。胸を張って生きれるように。
僕たちがいた、あの厳しい部活のために。


誰かに相談したかったけど、自分の問題なので、最後は自分ひとりで動いた。


8割うまくいった。自覚させることができた。


だけど、残りの二割は通じたのか、通じてないのか返事がないからわからない。


拒否されたかもしれない。通じたけど、連絡してこないだけかもしれない。



正直辛かった。今も、ちょっと辛い。


自分がやれなかったことに今さら気づき、悩んだ末、動いた。。
いまさらだよ。。。


押し付けがましい話だと思う。うざったいと思われたかもしれない。

それでもいいって思った。もともとプライドなんてあの子にはない。
だから、裏でどういわれてもいいと覚悟しようと思った。
実際、もう言われてきただろうし、今回のことでもっと言われるだろう。


8割終わった。


残りの2割は、僕が手を出すことじゃないのかもしれない。
彼女が自分で気づき、決めることなのかもしれない。
だけど、やりたかった。


そして、もうやっちゃったから、その結果をまっすぐ見つめたい。


通じなかったとしたら、耳を閉ざした彼女のせいでもあるけど、僕にも非がある。
「もっといいやり方はなかったのか?これでよかったのか?」自問自答。


なんにせよ、これで先生に報告できる。すこしだけ、胸を張って。
なんにせよ、これで自分のなかでの後悔は減った。

自分の思いは、決して間違ってないと思う。それが、人道だと思う。



いつか、みんなで、笑って話せる日が来ると信じて。

たとえ女だって、後輩に先輩の「思いは通じる」と信じていたい。