読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試練の時

つらいつらい、試練の時を迎えるときがある。

意味がわからないかもしれない。

でも、自分にうそはつけない。

そこで、目を背けることもある。

開き直ってしまうこともある。

でも、自分にうそはつけない。



賢い人ほど、素直な子であるほど、自分でわかってしまう。

試練の時だ。



つらいと思う。苦しいと思う。

でも、その苦しさの正体は、先輩でも、先生でもない。

それは自分のやってきたことなはず。

気づくのに、ほんの少し時間がかかるだけだ。



つらく、苦しい、試練の時。





確信している。いつかきっと、あんなに素直な子ならわかってくれる。
わかるはず。

「ごめんなさい」って昨日は言えたんだから。
素直に言えたんだから。

いい後輩を持った。昔、大好きだった子。

信じてる。本音では待っていたい。


やっと、やっと、、ほんの少しだけ、先輩になれた気がする。